秋田市のホームページ制作、映像制作、CM制作、モデル・タレント「久杉香菜」、印刷・デザイン制作、広告代理店事業 |有限会社 ガーラ・アマノ

お問い合わせ TwitterIcon FacebookIcon

ガーラって?

2010年の天野 2016年の天野

GALA?

代表からのメッセージ

人が出会う道をつくる。

ガーラ・アマノのWebサイトにようこそ!
おかげさまで、ガーラ・アマノも創業からまる17年。この6月で第18期を迎えることができました。
あらためて、皆さんにお礼を申し上げるとともに、この場をお借りして、この17年を振り返ってみます。

「脱サラ」と言うほど、かっこいいものじゃなかった!

1999年3月末日まで、私はサラリーマンでした。
どちらかというとエンジニアと言った方が良いと思います。秋田県で法人納税額ナンバー1にもなったことのある、大きな半導体製造工場の機械エンジニアをしていました。
けして、会社が「いや」で独立したわけでもなく、当時最先端の半導体、それもそれまでの半導体の概念をくつがえすような、新製品の合理化ラインの立ち上げを同僚たちと一緒に頑張っていましたから、むしろやりがいさえあったと思います。

それがなぜ会社を辞めて、独立してしまったのか?

「このおもちゃを待っている子供たちがいる。」

1997年の12月、冬でした。とある大手企業の新商品、それはその後、大ブームとなるちっちゃなゲーム機でしたが、
その組立作業に、会社のほぼ全員が交代で、作業応援をしておりました。「夜中だし、目も疲れるし、けっこうつらいですね。」
の私の一言に、となりの先輩が言いました。

「天野、がんばるべ。クリスマスにこのゲーム機を待っている子供たちがいる。」その一言でした。

半導体を一生懸命作っても、われわれエンジニアには、残念ながら、どなたが使ってくれているのか、
誰が喜んでくれているのか、まったくわかりません。
かっこつけるようですが、「人の笑顔のために、仕事がしたい。」一度そう思い始めてしまうと、
その気持ちから逃れることができなくなりました。

現在の仲間は、退職後に知り合った仲間たち。

1999年6月にガーラ・アマノを設立し、しばらくは自宅の和室八畳間が、事務所でした。
その年の11月10日に、現在の事務所に移転し、現在に至っていますが、これまでの11年間は、波瀾万丈どころか、
いやはやいろんな事があった11年でした。赤字、赤字、赤字、と続いた創業当時(もちろん、今もあまり変わりませんが)は、
今思い出しても、良くもったなあ、と言う感じです。

しかし、実はとても楽しい11年でした。
そうです。とにかく、新しい仲間と知り合えたこと、これだけは自慢です。
もともと、一緒に働いていたメンバーと創業したわけではありませんし、また以前の職種を活かした事業を始めたわけではありません。
全くの畑違いのところに、ぽんっと、一人飛び出して会社を起こしたわけです。

そこに、知らず知らずのうちに、人が集まってきてくれた。
正直に申し上げますが、この点については、神がだめ社長に与えてくれた「何か」と思うようにしています。
「いつも、お客さま、会社のスタッフ、一緒に仕事する仲間、と出会う。」
会社を起こした目的は、たぶんこれだったのだろう、と、今は思います。

これからの10年・・・・・・

この6月から、新年度となり、第12期を迎えました。
これからの、この会社の10年、というものを、とても考えるようになりました。
ガーラのお客様は、本当に優しく、素敵なお客様さまばかりで、みなさまに本当に良くしていただいます。

また、ガーラに働くみんなは、自分で言うのは、何なのですが、本当に最高のメンバーばかり。
また、一緒に仕事をしてくれる、提携企業のブレーンのみんなも、スキルも高く、最高の仲間たちです。
この人たちとの出逢いがなければ、今のガーラは、存在していない。

じゃあ、今後の10年は、どうなるか?

実は、11年も会社を運営してきて、ようやくおぼろげに見えてきたことがあります。
はい、それは、この仲間たちへの恩返し、と言うことだと思っています。
そして、それを実現するには、どうしたら良いのか。

答えは、一つです。

もっと、お客様を増やし、仲間を増やし、仕事を増やし、会社を大きくして、そして利益を出して、仲間に還元し、
次の投資をし、未来のガーラを守り、社会に貢献すること、しかないと思っています。
私みたいな人間が、こんなくさいことを書くと、大笑いされそうですが、実は本気で思っており、
そして、「ここに初めて書く」ことで、実現すると思っています。

新しい経営理念【人が出会う道をつくる。】

今回のリニューアルにあたり、企業理念を一新しました。

ガーラという会社は、もはや私だけの会社ではありません。
社員みんなの心のより所となって欲しいと思いますし、そして、何より、お客様が誰かと出会う
ための道をつくる、と言う役割を果たすことで、それが達成されるものと信じています。

そして、これ以外に何もない、と考えています。

さて、こんな文章を最後まで、ご覧頂き、本当にありがとうございます。
そして、だめ社長から、お客様へ、ご覧の皆さまへのお願いです。

「こんな会社ですが、この10年、またよろしくお付き合いのほど、お願いします!」

ガーラ・アマノ
天野 洋介